Q&A

よくある質問

吉木歯科医院は福岡県糟屋郡を中心とした地域の方々に多くご利用いただいております。
当院の小児歯科やお子さんの歯科矯正について患者さんからよくいただく質問をまとめました。

小児歯科について

むし歯はなぜできるの?
むし歯の原因菌は、糖分を栄養にしてお口の中に増えていきます。やがて酸を出して歯のエナメル質を溶かし歯に穴をあけてしまいます。普段から食事のあとの歯みがきを怠らず糖分を残さないようにしましょう。
まだ乳歯があるのに永久歯が生えてきました。どうすればいい?
たとえ先に永久歯が生えたとしても、やがて乳歯がグラグラしてきて自然に抜けることがほとんどです。その乳歯がまったく抜ける様子がないようでしたら、抜歯が必要かもしれません。なるべく早く歯科医院にご相談ください。
永久歯が生えたのですが、グラグラしています。抜けることもあるのでしょうか?
永久歯は生えたばかりだと歯根がまだ根付いていないためグラつくこともあります。次第に固定されるはずですので心配する必要はありません。気になるようでしたら、歯医者に診てもらうといいでしょう。
むし歯ってうつるんですか?
意外に思うかもしれませんがむし歯は感染する病です。大人の口の中にはむし歯の原因菌が潜んでいることが多く、お母さんが使った箸やスプーンでお子さんに食事を与えることでむし歯がうつることがあります。お子さん専用の食器やスプーンを使うようにしてくださいね。
いつか永久歯に生え替わるので、乳歯がむし歯でも大丈夫?
乳歯がむし歯になっているのと、新たに生えてくる永久歯も影響を受けてむし歯になりやすくなります。それは正しい歯みがきができていなかったり、甘い物をよく食べていたりして、むし歯になりやすい口内環境が続いているからです。また、乳歯のむし歯は進行が早く放っておくと抜歯する場合もあります。早い段階で乳歯がなくなると、永久歯の歯並びが悪くなることが多いので、お子さんに痛い思いをさせないためにも、乳歯のむし歯ケアはしっかりしましょう。

矯正について

子どもの矯正はいつ頃から始めたらよいのですか?
咬み合わせや歯並びの状態は個人によって違いますので、治療開始時期は一概にはいえません。すぐにスタートしたほうが効果的な場合と、少し待ってもよい場合があります。ご相談していただければ、ベストな治療時期を診断することができます。
痛みはありますか?
痛みが生じるかどうかはかなり個人差があります。お口の中に矯正装置が入ると、2日~3日間は食べ物を咬むと痛みを覚える方ももいらっしゃいます。しかし、通常4日~5日で痛みがなくなるケースが多いようです。矯正装置の進歩により従来よりも大幅に痛みが軽減され、馴れてくれば違和感なく装着できるはずです。
治療期間はどれくらいですか?
個人差はありますが、一般的に口の中に固定式の装置が入る期間は全体的な治療期間で言えば1年半~2年半くらいかかります。部分的な治療の場合だと1年以内で終わることもあります。
矯正期間中、食事は普段どおりでいいのですか?
矯正装置によっても違いはありますが、普通の食事であれば問題ありません。注意が必要なのはガムやキャラメルといった粘着性のある食べ物です。装置のトラブルの原因にもなりますので避けたほうがいいでしょう。
装置を付けているとむし歯になりやすいんですか?
確かに矯正中はむし歯になりやすいと言えます。お口の中に矯正装置が入ることにより汚れが残りやすくなるため、歯みがきをしっかり行うことが必要になります。歯科医院で指導された正しい歯みがきを実践し、むし歯を予防しましょう。