吉木歯科医院が考える小児歯科

お子さんが楽しく、安心して通える歯医者さんを目指しています

お子さんが楽しく、安心して通える歯医者さんを目指しています

福岡県糟屋郡の吉木歯科医院は、
小さなお子さんと親御さんが一緒に通えるアットホームな“町の歯医者さん”を目指しています。
幼少期にしっかりとお口のケアをすることで、むし歯になりにくい口内環境を築くことができます。
成長期のお口の中はさまざまな変化が起こるもの。
当院はお子さんが通いやすく、親御さんが気軽に相談できる雰囲気作りに努めています。

「歯医者は恐いところ」のイメージを変えます

「歯医者は恐いところ」のイメージを変えます

大人でも「歯医者には行きたくない」「痛い治療が恐い」と思う方は多くいらっしゃいます。ましてや小さなお子さんにとっては治療器具がお口に入るだけでも恐怖心を抱いてしまうのは無理もありません。
当院では歯医者の嫌なイメージをなくすため、やさしく声がけするなどして小さなお子さんの緊張をほぐし、楽しんで病院に通えるようにコミュニケーションを大切にしています。
「自分の子どもにその治療を受けさせたいか」ということを念頭に置きながら治療法を提案するのが当院のポリシーです。

むし歯治療の際は麻酔を使うなどして、できるだけ痛みを感じない治療を行います。
最近では歯科医療の進化により、以前に比べて痛みがずいぶんと軽減されています。
たとえば、むし歯はドックスベストセメントという歯を削らずにミネラルで殺菌する治療法を用いることで、痛みが少なくて済みます。

治療中はお子さんが安心できるようにお母さんにそばについてもらいますが、どうしても甘えてしまうようでしたら親御さんには待合室で待っていただくこともあります。
お子さんが途中で泣いてしまった際には「もう少しで済むからね」とやさしく対応し、治療が中途半端に終わらないように進めていきます。

親御さんへのお願い

歯医者への苦手意識をなくすためには親御さんの協力が必要です。とくに予約の前日や治療後はお子さんとの接し方に注意することで、通院を嫌がらずに治療もスムーズに進むケースが多くなります。

歯医者が苦手にならいためのコツ

悪いイメージをつけない

「ちゃんと歯みがきしないと、歯医者さんで痛い思いするよ」といったように、お子さんには“歯医者=恐いところ”という悪いイメージを持たせないようにしましょう。
一度恐怖心を抱いてしまうと、すぐには払拭できないものなので普段から注意していただきたいです。

嘘をつかない

診察予約の前日に「明日は歯医者に行くけど、何もしないからね」などと親御さんがごまかすと、治療当日お子さんは「嘘をつかれた」と思い、歯医者への苦手意識が高まります。スムーズに診療を行うにはお子さんとの信頼関係が大切。
「痛いむし歯を治しにいくよ」と真実を伝えましょう。

褒めてあげる

治療が終わったら「よくがんばってね」と褒めてあげましょう。
お子さんは診察室に入るだけで緊張し不安に感じるものなので、お母さんはいつも以上にお子さんを気遣ってあげましょう。

笑顔の練習

笑顔の練習

当院では歯科診療を通じて「笑顔の大切さ」を伝えています。“美しい笑顔“が持つ力は、皆さんが思っている以上のもの。
初対面の相手に「明るくて爽やかな人」という第一印象を与え、コミュニケーションを円滑にします。
さらに、笑うと脳からα波が出て集中力が高まり、心を健康にする効果もあると言われています。

当院では素敵な笑顔を作っていただくために、歯並びの改善だけでなくスマイルトレーニングも実施しています。表情筋のバランスなどの検査を行なったあと、専門スタッフが15分~30分のトレーニング内容を指導し、患者さんには自宅で実践していただきます。
何歳からでも始められるので、お子さん、親御さんご一緒に挑戦してみてください。