Webからのお問い合わせはこちらから

予防歯科・歯周病

  1. ホーム
  2. 予防歯科・歯周病
  • 予防歯科
  • 歯周病

予防歯科とは

画像

予防歯科とは、むし歯や歯周病になってから治療を行うのではなく、定期的に医師によるお口の中のチェックと適切なメンテナンスを行い、お口の健康を維持することを目的とした診療です。

日本では従来、「むし歯になってからの治療」が一般的とされてきましたが、歯科先進国である欧米では、「なる前の予防」が当たり前のこととして根づいています。実際にスウェーデンでは、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることで、「成人でも97.7%の確率で歯を守ることができる」というデータが出ているのです。

歯科治療は、できれば受けたくないと誰もが思うもの。それを実現するのが「予防歯科」なのです。

歯の予防メリット

メリット1
むし歯・歯周病の発症を防ぐ
悪くなる前からのメンテナンスでむし歯や歯周病の発症を防ぐことができます。また、もし発症しても早期発見・早期治療が可能になって、歯のダメージを最小限に抑えることができます。
メリット2
患者様の負担を軽減できる
発症による痛みや治療時の痛み、治療費や通院期間など、患者様にかかるさまざまな負担を軽減できます。
メリット3
お口の健康を維持できる
定期的に専門的なクリーニング「PMTC」などのメンテナンスを受けることで、お口の中の健康が保たれ、歯の寿命を長くすることができます。また口臭の改善なども期待できます。

予防歯科診療メニュー

PMTC PMTC
ご自宅での歯みがきではどうしても残ってしまう歯の汚れを、歯科医院で歯科衛生士が専門の器具を使って徹底的に落とす「歯のクリーニング」です。歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目に入り込んだ歯垢や歯石を落とし、むし歯・歯周病を予防します。
フッ素塗布 フッ素塗布
歯へのミネラルの沈着を助け、再石灰化を促す効果を持つフッ素。定期的に歯の表面に塗布することで歯質を強くし、むし歯の原因となる酸の生成を防ぐことができます。とくに乳歯や、生えたばかりの永久歯に効果的です。

吉木歯科医院の「むし歯治療」について

Pick up!ご自宅での歯のケアについて

むし歯や歯周病を予防するためには、ご自宅での歯のケアが重要です。ポイントは「お口の中を常にきれいな状態にしておくこと」。とくに就寝中はだ液の分泌量が減り、むし歯になりやすいため、寝る前のケアが重要になります。

またお口には自然な自浄作用があり、これを正しく機能させるには、お口の中を休ませる時間をつくることも大切です。ダラダラ食べることは控え、歯の再石灰化を促しましょう。

吉木歯科医院の「治療の流れ・費用」について

歯周病とは

画像

歯周病とは、歯垢に棲みつく歯周病菌によって招かれる細菌性の病気です。歯ぐきの炎症からはじまって、徐々に歯を支えている顎の骨や歯ぐきが溶かされていきます。そうやって歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」がどんどん深くなり、さらに悪化すると歯は支えを失ってグラグラして、最終的には抜け落ちてしまうのです。

しかし歯周病は、原因やしくみがはっきりしているため予防が可能な病気です。歯を守るには早めに適切な治療を受けることはもちろん、なる前から予防に励むことが大切だといえるでしょう。

歯周病チェックシート

歯周病は自覚なく発症し、どんどん進行してしまう病気です。一度ご自分のお口の中の状態をチェックしてみましょう。

バインダー

歯ぐきが赤い
歯と歯の間にすき間ができた
歯みがきをすると血が出ることがある
生活が不規則だ
朝起きたとき、口の中がネバネバする
口臭が気になりはじめた
冷たい物がしみる
歯ぐきが腫れている
歯ぐきが下がり、歯が長くなったように見える
歯ぐきから膿が出る
歯がグラグラする
歯周病のチェック結果
チェック数が1~3個
歯肉炎(初期の歯周病)にかかっている可能性があります。これ以上悪化させないよう、定期健診でメンテナンスを受けましょう。
チェック数が4~7個
中期の歯周病にかかっている可能性があります。悪化させて歯を失ってしまわないよう、早めに適切な治療を受けましょう。
チェック数が8個以上
重度・末期の歯周病である可能性があります。このままでは歯が抜け落ちてしまいます。早急に適切な治療を受けましょう。

歯周病の進行について

進行段階 状態 症状
歯肉炎 歯肉炎 歯肉が炎症を起こして赤くなり、歯みがきをすると出血します。歯周ポケットの深さは2~3mm程度です。
初期の歯周病 初期の歯周病 炎症が進んで出血も増し、顎の骨や歯ぐきなどの歯周組織が破壊されはじめます。歯周ポケットは3~4mm程度と深くなります。
中期の歯周病 中期の歯周病 炎症がさらに進み、赤みや腫れ、さらに出血も増します。歯周組織の破壊が進んで歯周ポケットも4~5mm程度になり、ようやく自覚しはじめる段階です。
重度の歯周病 重度の歯周病 歯ぐきは赤くブヨブヨし、出血に加えて膿が出はじめ、口臭も現れます。歯ぐきが下がって歯が長くなったように見え、歯周組織の破壊も加速。歯周ポケットの深さは5mm以上にもなります。
末期の歯周病 末期の歯周病 歯ぐきは赤紫色に腫れ上がり、少しさわっただけで血や膿が出て、口臭も強くなります。歯周組織が大きく破壊され、歯はグラグラに。このままでは抜け落ちてしまいます。

Pick up!健康維持のためのメンテナンス

お口の健康維持、実は全身の健康維持に大きく関わっていることをご存じですか? 実は歯周病は大切な歯を奪うだけでなく、心臓病や糖尿病、肺炎などの全身疾患を招く原因になることがわかっているのです。

また年齢を重ねても「自分の歯でしっかり食事ができる」ということは、「QOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)」の向上につながるといわれています。「歯を失ってはじめて、その大切さに気づいた…」ということにならないよう、定期的なメンテナンスによってお口の健康を維持し、生涯健康で楽しく暮らしていきましょう。

吉木歯科医院の「治療の流れ・費用」について

診察メニュー

  • 虫歯治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 高齢者歯科(訪問診療)
  • お口と全身の関係
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医院について

  • 小児歯科専門サイト
  • 歯科タウン

page top

〒811-2308 福岡県糟屋郡粕屋町内橋277-1

33.62054628685022,130.46012180185244

33.6203274,130.46004670000002

copyright © yoshiki-dc.com All Rights Reserved.