Aboutスタッフ紹介・医院紹介

GREETING 院長挨拶

「むし歯」はとても身近なお口の病気。そのために、「風邪」と同じくらい軽くとらえてはいませんか? 実はむし歯は風邪のように、自然治癒したり、治療を受ければ元通りになったりすることがありません。一度かかれば歯は必ずダメージを受け、治療をしても元通りにはならないのです。さらに再発のリスクを背負って治療をくり返し、いずれ失ってしまうことも…。
そこで当院では予防に力を入れ、歯のダメージを回避できるよう努めています。また、治療においても「痛みをなくす」だけでなく、機能を正しく回復することを目的とし、長期的によい状態を維持できるよう配慮しています。
院内には歯科用CTや3Dプリンターなどの先端設備を備え、高度な治療を可能に。また矯正認定医・指導医のほか女医が在籍することで、男性が苦手なお子様にも優しく対応しています。
むし歯・歯周病の治療から予防や審美まで。幅広い診療への対応によって、機能性と審美性の共存を形にします。どうぞ何でもお気軽にご相談ください。

矯正治療について

矯正においては、もちろん見た目の改善も重要だが、根底にある目的は「本来の機能に戻すこと」だという。不正咬合や歯並びの悪さは口腔内トラブルだけでなく、健康面への悪影響も懸念される。矯正は長く健康体で過ごすために役立つことも多くの人へ伝え、歯に対する意識の高さを次世代へつなげたいと語る吉木院長に、マウスピース型装置を用いた矯正のメリットや注意点、矯正そのものの必要性について詳しく話を聞いた。
マウスピース型装置を用いた矯正は施術後のシミュレーションが特徴。患者のモチベーション向上にも寄与

  • Qマウスピース型装置を用いた矯正のメリットを教えてください。

    自然で目立ちにくいため、需要が高まってきている
    まず目立たないということが一番ですね。その次に装置の取り外しができること。この2点が大きなメリットだと思います。従来のワイヤー矯正ではブラッシングがしづらくむし歯リスクにつながりやすいのがデメリットでした。しかし、マウスピース型装置は取り外しが可能ですからブラッシングも食事もいつもと変わらず行うことができます。また、透明ですので装着していることを気づかれにくい点が決め手になる方も多いですね。接客業の方などお仕事の関係で選択されるケースも。それから、ワイヤー式と比べると喋りやすいため、そこを重視される方もおられます。段階に合わせて新しい装置に交換する点もマウスピース型装置による矯正ならではですね。

  • Q取り外しが可能なことで自己管理に対する不安の声もあるのでは?

    それぞれのニーズを把握し、矯正方法を考えていく
    確かに患者さんの自己管理が不可欠です。そのため、当院ではヒアリングに時間をかけ、患者さんの生活習慣、性格などもじっくりと考慮した上でどうしても難しいと感じられる場合は無理にお勧めいたしません。ただ、マウスピース型装置の良い点はシミュレーション画像を見られること。口腔内スキャナーを用いて矯正後に見込まれる歯並びや噛み合わせをコンピューター上でシミュレーションできるため、このツールが患者さんのモチベーション向上に大きく影響していると実感しています。歯科医師と患者さんが思い描くゴールの共通認識を持てるのは矯正を進める上での重要なポイント。そこがこの手法の特徴でもあり、大きな可能性を感じている点です。

  • Q歯列矯正は予防にもつながるとお聞きしました。

    審美面だけでなく、機能面での改善が重要と語る
    むし歯・歯周病の予防に関しては口腔内環境の管理が欠かせません。歯並びが悪いとどうしても歯ブラシが行き届かない箇所もあり、口腔内環境が悪化しむし歯や歯周病のリスクが高まりがちです。噛み合わせに関しても噛む力、咀嚼、嚥下に影響しますので、正しい機能に戻すことが重要。つまり全身に関する疾患の予防を図る意味でも有用なのです。矯正というと、見た目を改善するためのものと思われがちですが、根底にあるのは「健康な体に導くこと」だと私は考えています。日頃の癖や姿勢の悪さなど、歯並びが悪くなった原因は必ずあるはずだと思います。そこを究明し改善することが根本的な解決への道だと考えています。

  • Qマウスピース型装置による矯正はどの年代にニーズがありますか?

    患者の負担が少ない3D光学スキャナー検査機器
    当院ではマウスピース型装置による矯正以外にも、小児期の成長を利用した矯正や従来のワイヤー式の矯正なども行っています。その中で、マウスピース型装置を用いた矯正を希望される方は成人の患者さんが多いですね。また、この装置にはいくつか種類があり、子どもを対象としたものもあるため、当院ではマウスピース型装置を用いた矯正を選択されるお子さんもいます。重要なのは生活スタイル、性格、口腔内の状態に合った矯正方法の選択。各手法にメリット・デメリットがありますが、私はマウスピース型装置を用いた矯正に期待を寄せているため、患者さんのご負担を軽減できるよう費用にも配慮しています。

  • Q矯正後のケアについても教えてください。

    良好な口腔環境が健康維持には必要
    マウスピース型装置を用いた矯正後は状態を維持するための固定用装置を基本睡眠時に使用していただきます。しかし、お子さんに関しては口腔内の発育に影響を及ぼす可能性があるため、当院では小児に限り従来のリテーナーを使用。そして定期的なメンテナンスで口腔内をしっかりと管理していくこと。これが重要になってきます。矯正の有無に限らずメンテナンスは健康な体を維持するために必要ですが、必ずやっておかなければならないのはそもそもの原因となった癖、舌の位置、嚥下など生活習慣の改善だと考えています。固定装置を用いてもそこが改善していなければまた後戻りしてしまう可能性が高まるため、しっかりと改善に努めます。

  • 最後に

    マウスピース型装置を用いた矯正はまだ歴史が浅い手法ではありますが、口腔内スキャナーを使用することで矯正を始める前にシミュレーションができるというのはメリットが多く、私自身この手法に可能性を感じています。矯正は費用や期間を要するため、歯科医師と患者さんが同じゴールをめざせるのはお互いにとっての安心感にもつながります。悩みの深い方ほど矯正が心にも良い影響をもたらすケースが多く、特にお子さんは正しい機能に戻すことで健やかな成長を育めると考えています。患者さんに心も体も健康になっていただくことが私の仕事。そこから次世代の健康にもつなげていくことが目標です。

CONCEPT コンセプト

当院では最新機器の導入やサポート体制の再構築など、ハード、ソフトの両面でよりよいメディカルサービスを提供しています。まずは患者様一人ひとりについてしっかり知ること。歯科医師・患者様がお互いに意見を交換しながら、もっと適していると考えられるケアを見つけていきます。

  • 患者様のお話を丁寧にお聞きします

  • 検査をしっかり行います

  • わからない点があれば何度でもご説明します

  • 複数の治療法をご提案します

  • 健康づくりのお手伝いをします

ABOUT 医院情報

医院名 吉木歯科医院
住所 〒811-2308
福岡県糟屋郡粕屋町内橋277-1
連絡先 TEL:092-939-2060
院長 吉木 陽一
一般歯科・矯正歯科・小児歯科・レーザー治療・インプラント・審美歯科・予防歯科
診療時間 【月~金】9:00~13:00/14:00~18:00
第3木曜日は休診となります。
【土】9:00~13:00/14:00~17:00
休診日 日曜・祝日・第3木曜日
駐車場 5台
※第2駐車場もご準備しておりますので、お気軽にスタッフまでお尋ねください

FACILITY 設備紹介

  • iTero

    口腔内スキャナー(iTero)は、マウスピース型矯正装置・インビザラインを作製する際に必要になる口腔内の型取りを、スキャニングでスピーディーかつ精密に行うことができます。粘土のような印象材は必要ないため、患者様の型取りにおける負担を軽減できます。

  • セレックシステム

    最短1日で白いセラミックの詰め物・被せ物を作製することができます。高い品質の補綴物を提供できるだけでなく、価格もリーズナブル。型取りの負担も軽いため、快適に審美治療が行えます。

  • CT

    最新歯科用CTスキャンの導入により、さらに安心、安全な治療が可能になりました。CTスキャンの導入により、レントゲン写真では把握しづらかった患者様のお口の中を立体的な3次元画像として表示することができ、より精密な診断と、最適な治療法のご提案により、治療期間の短縮に役立てることが可能となりました。

  • DACユニバーサル

    治療に用いるハンドピース(切削器具)を、内部まで徹底的に洗浄・滅菌する、ドイツ・シロナ社製の「DACユニバーサル」です。各国の医療機関で高い信頼を持っています。

  • ビヨンド

    過酸化水素という薬液を歯に浸透させ、それに強いパワーを持つハロゲン光を当てることによって、短時間で歯を白くするオフィスホワイトニングシステムです。

  • 口内カメラ

    口内の状態を撮影し、モニターに映して見ることができる小型のカメラです。歯の汚れなどの細かい部分の状態も、患者様自身に確認していただくことができます。

  • ステイティム

    治療器具をわずか6分で滅菌できる、高速滅菌器です。

  • 電動注射器

    麻酔液の注入速度を一定に保つことで、麻酔による痛みを軽減できる機器です。

  • ダイアグノデント

    レーザー光を歯に照射することで、むし歯の進行状態を数字で提示する機器です。目視では見つかりにくいような、ごく初期のむし歯も見逃しません。

  • エアーフロー

    エアーによって水とパウダーを吹き付け、ステイン(歯面の汚れ)やバイオフィルム(細菌の塊)を効率よく除去できる機器です。

  • 半導体レーザー

    レーザーによって、治療時の止血や凝固、また歯ぐきの切開などにも応用できる機器です。傷口の治癒促進効果もあります

  • コスモペリオエンドシステム

    歯周ポケットの洗浄・滅菌や、根管治療時の抜髄(神経を取り除くこと)、根管長測定、拡大洗浄を効率よく行えるシステムです。

092-939-2060
診療時間
9:00-13:00 ×
14:00-18:00 ×

診療時間 平日9:00-13:00/14:00-18:00 土曜 ▲9:00-13:00 △14:00-17:00
休診日:日曜・祝日・第3木曜

〒811-2308 福岡県糟屋郡粕屋町内橋277−1
駐車場:有り